有在庫・無在庫販売のメリット、デメリット

有在庫のメリット・デメリット

有在庫のメリット

有在庫販売のメリットは、商品が売れやすいところです。

Amazon販売の場合、プライムマークがつくので商品のカート獲得率が格段に上がりますし、時間的余裕がない購入者は、少々値段が高くても発送が速い商品を選ぶ傾向がありますので、セールス力が無在庫に比べて圧倒的です。

また、在庫不足による発送の遅延がないため、商品配送によるアカウント閉鎖のリスクがありません。

あとは、自分で梱包や配送をしなくてもいいところも魅力的ですね。

有在庫販売のデメリット

有在庫販売のデメリットは、在庫を持つことです。

 

在庫を抱えて商品を販売するため、需要がない商品を仕入れてしまうと売り上げに響きます。

また、あらかじめ商品を購入しているので、お金を次の商品に投資できないところもデメリットです。

 

無在庫販売のメリット

Amazonに関しては、無在庫販売は禁止されていますが、できる前提でお話ししますと、在庫が必要ないので、資金操りが必要ありません。

 

在庫が売れ残って資金の回収ができない。。。

処分するのに、他販路で商品ページを作成してたら時間が足りない。。。

などの精神的苦痛から解放されるので、心身ともに余裕あるビジネスができますね。

 

また、商品の安定供給を考えなくてもいいので、販売計画が容易になります。

あとは、何と言っても様々な商品を販売できるのがいいですよね。

無在庫販売のデメリット

有在庫に比べて商品が売れにくいです。

 

これはAmazon以外でも起こることだと思いますが、消費者はできるだけ早く商品が欲しいので、どうしても早く届く商品が売れやすくなります。

また、受注後に商品を準備しなくてはならないので、随時商品の在庫確認をしなければなりません。

時間的余裕がある方や外注化などしている方は難しくないかと思いますが、

1人でビジネスを回そうと思うと、かなりの行動力が必要になりますね。

 

有在庫と無在庫どっちがいいの?

これは一概には言えませんが、

Amazonをメインとする販路であれば、有在庫を選ぶべきだと思います。

物販は商品を売ってなんぼなので、

Amazon販売においては、無在庫販売よりも有在庫商品のほうが売れやすいです。

また、アカウント閉鎖リスクを考えるなら、無在庫販売には手を出すべきではないです。

 

もし、無在庫販売をしたいという方はネットショップでやることをおすすめします。

ネットショップの場合は競合しませんので、ライバル意識する必要がありません。

また、在庫切れに関しても広告を出して対応できますし、ショップ評価も下がりにくい傾向にあります。

 

[公式]無在庫販売ツール 天邪鬼(あまのじゃく) 販売ページ 今なら永久月々9,800円

 


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。