ヤフーショッピングに出店するまでの手順

ヤフーショッピングに出店を考えている方は事前にチェックすべきことがあります。
最低限確認が必要なことをご紹介します。

お申し込み時に必要な情報

必要情報一覧

☆Yahoo!JAPAN ID

☆クレジットカード情報

☆代表者情報

☆銀行口座情報

☆開業届け写し(個人事業者のみ)

☆住民税の納税証明書の写し

☆出店予定商材情報

 

情報発信者の方などは、別会社を作ったり名義を変えたりしたほうが良いかもしれません。

お取り扱い商材により免許など必要になるもの

免許が必要な一覧

☆中古品

☆アルコール酒類全般

☆医薬品

☆コンタクトレンズ

☆レンタル商材

☆役務、サービス商材

ヤフーショッピングの審査基準

実際ヤフーショッピングでは審査基準について公開はされていません。

「申込時に必要な情報」・「取り扱い商材により必要な免許及び情報」を基準に判断されています。

・経営状況が安定しているか

・他販路での販売実績

・信用性があるのか

・特定の取扱商材の免許・許可書の有無

ヤフーショッピングの費用・手数料

誰もが気になっていると思う費用・手数料について紹介します。

☆初期費用・・・無料

☆固定費(月額システム利用料)・・・無料

☆売上ロイヤルティ・・・無料

☆Tポイント原資負担・・・2.5%~16.5%

☆アフィリエイト手数料・・・アフィリエイトパートナー報酬原資の30%

☆個別手数料

☆クレジットカード決済・・・決済金額の3.0%~3.24%

☆モバイル支払い(キャリア決済)・・・決済金額の4.48%

☆モバイルSuica決済・・・決済金額の3.6%

☆コンビニ決済・・・150円/件~300円/件

☆銀行振込決済・・・150円/件

☆Yahooマネー/預金払い・・・決済金額の3.0%


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。