中小企業必見 コンテンツマーケティングを導入するためにする事

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、サイトに訪問する人や記事の読者が求めているコンテンツの制作・発信をすることで

潜在層のニーズをコンテンツを通して自社の商品を認知してもらい、段階的に購入へと導くマーケティング手法です。

もっと噛み砕いて言うと、商品が今すぐほしかったり購入目的で訪問する「今すぐ客」は、黙っていても商品を購入してくれます。

ターゲットはニーズが顕在化していない顧客に対してコンテンツを通して自社のファンになってもらい成約に導くと言うものです。

私が思うコンテンツマーケティングで重要なことは、「良質なコンテンツ」をユーザーに発信し続けるとです。



コンテンツマーケティングを採用している企業とは?

最も有名といっても過言ではないのがオーストラリアのRed Bull GmbH社です。

「翼を授ける」のキャッチフレーズで有名なレッドブルを販売している企業です。

 

Red Bull社では1/3ルールというのがあり売り上げの1/3を広告費に費やしています。

Red Bull社は、レッドブルカーという斬新なデザインの販促カーにレッドブルガールを乗せて

レッドブルを色々な場所で配ります。

ただただ配るだけではなく「翼を授かったことはありますか?」などと声をかけて配るのです。

かなりインパクトがありますよね。

 

また、Red Bull社ではスポーツイベントを多く主催しています。

スキースノーボードやマウンテンバイクレース、エアレースなどです。

Red Bull社はエナジードリンクを売っているのではなく、スポーツを通じて困難に立ち向かうため、

何かにチャレンジするために「あなたに翼を授ける」というストーリーを消費者に伝えることで、

自社の製品を売っているのです。

 

コンテンツマーケティングで期待できる事

コンテンツマーケティングを正しく導入することで、平均して50%ほどの集客UPが見込めると報じているアメリカの調査団体もいるくらいです。

少なくとも押し売りでなくファンになってもらうことで自然と購買意欲をわかせることができるようになります。

コンテンツマーケティングを導入するためにする事

潜在客を将来の顧客に変えていく手法をリードナチャリングと言います。

コンテンツマーケティングを成功させるには、潜在客の興味を持つようなコンテンツを提供し、潜在客の信頼を勝ち取る必要があるのです。

 

例えばYoutubeをコンテンツにする場合、興味を引くようなコンテンツとはどのようなものでしょうか?

単に、面白い笑える動画はあまりお勧めできません。

特に企業においては、企業イメージを損ねるリスクもあるためです。




「α波が発生する聴くと集中できる音楽」「子供が泣き止む音」「簡単なイカのさばき方」など

視聴することでメリットのあるコンテンツで、必要な時に同じ人が再度リピートして見る(聴く)コンテンツであることがベストです。

 

例えば、花王では「洗濯機で上手に洗うためのポイント」などをコンテンツ動画として紹介しています。

このように視聴者に訴求することでサイト内から洗剤を購入したいという気持ちにさせるのです。

 

商品によってやり方は様々だとは思いますが、どれだけ押し売りをせず必要な情報を提供できるかということが重要となります。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。