サイトで物を売りたいけど売れないのは何故?

ブログなどのサイトを運営している方、これからしようと考えている方は一体なんのためにしているのでしょうか?

 

正直記事を書いたりメンテナンスしていくのは結構めんどくさいんです。

1000文字の記事を書くにしてもネタを考えそれをタイピングし、デザインを整え画像を挿入と速くても30分程度はかかるものです。

 

なのに何故こんな労力を使ってまでサイトの運営をするのでしょうか?

目立ちたがり屋でみんなにアピールしたい

こうゆう方もいるでしょう。若者の間ではフォロワーが多いことがステータスになっているなんてこともあるようです。

 

ですが、ほとんどの方は利益を得るために行なっています。

 

サイトで収益を上げる手段は

収入を得る例としては、サイトへ誘導し、広告をクリックしてもらうことで発生するクリック収入や広告記事リンクから商品を購入してもらうことでキャッシュバックされるアフィリエイト収入、自身で作った商品やツールなどを販売といったものが主です。

 

このようにページ内で何かを販売しようとする場合は、関連する記事を書いて「詳しくはこちら」といったように売りたい商品へ誘導したり、商品について書いたランディングページ(LP)で誘導するのが一般的です。

 

しかし、現代のユーザー、つまりサイト訪問者は飽きるほどそういったサイトの訪問経験があります。

そのため、「あぁ、これは商品を売りつけようとしてるな」と警戒心を抱かせてしまいます。

 

人は本質的に購買意欲があり何か買いたいのですが、逆に押し売りされたりすると買いたく無くなる生き物なのです。

 

サイト内でものを

そこで、注目されているのがコンテンツマーケティングです。

これは、コカコーラ社でも数年前から開始されている手法です。

実は「今後はTVCMではなくコンテンツマーケティングを主に行なっていく」と明言しているんですね。

確かに、昔よく見たコカコーラのCMって見なくなったと思いませんか?

コンテンツマーケティングって何?

コンテンツマーケティングって何がいいの?

コンテンツマーケティングはどうやるの?

こんな疑問が生まれますよね。

それでは、こちらの記事でご紹介いたします。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。