株式会社の起業に必要なものとは?

独立やスキルアップを目指す人にとって、株式会社の起業はとても大きな目標となることが多いですよね。

今回は、トラブルなく株式会社の起業を実現できるよう、知っておきたい必要なものすべてをまとめてご紹介していきます。

証明書

印鑑証明書などは、株式会社の起業に欠かせない書類。

原本が必要となるため、発行日から3ヶ月以内の書類を用意しておきましょう。

出資者の場合は1通、取締役の場合も1通が必要なものになります。

印鑑

印鑑は、個人実印とそれにかかわりのある書類、取締役として必要になる実印と書類に押印するために必要なものとなっています。

資本金

出資者の銀行口座を用意し、資本金の払い込みの際に利用します。

もし、株式会社の起業に携わる出資者が複数いる場合は、代表者の銀行口座に資本金の払い込みを行いましょう。

住所

株式会社の起業に必要な住所とは、株式会社の本店所在地として登記する住所のことをいいます。

登記事項となる株式会社の住所は、届け出るための住所が必要なものとなり、自宅やテナントなどでも可能で、実際の住所が存在していることが基本となります。

~おわりに~

 

株式会社の起業に必要なものは、意外に少ないことがわかりましたが、早めの準備が何よりのポイント!

ただ、必要なものすべてが揃っていないと、思わぬトラブルが起こったり、効率的に株式会社の起業が進められなくなってしまうので、何度も確認、見直しをして、目標までのステップをひとつひとつ進んでいってくださいね。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です