アイディア出しに最適なフレームワーク「オズボーンのチェックリスト」と使い方

お勧めのビジネスフレームワーク

会社の経営陣、飲食店の店長などあらゆるシーンで新しいアイディアを出さなければいけない機会があると思います。

新しい製品、商品やビジネスモデルのアイディア出しをする際にお勧めなのが、

オズボーンのチェックリストというフレームワークです。

これは、有名なブレーンストーミングの考案者の一人でもあるアメリカのアレックス・F・オズボーン氏によって考案されたアイデアを沢山抽出するためのモノです。

どんな時に使うの?

アイディア出しを行って行き詰まってしまい、もうこれ以上何も考えられない!!!という方にお勧めです。

また、イノベーションを起こす製品、商品やビジネスモデルを創造したい時に利用すると良いでしょう。

使い方は?

下記9つの視点に、現在検討しているモノを当てはめてみましょう。

または、別の視点や別の業種、例えば、飲食業の方が考えている場合、全く別のアパレル、建設業などを当てはめそれを、自分たちの業種に置き換えたらどうなるかを考えてみましょう。

1.転用 Put to other user
  ・新しい使い方はないか?
・他の分野での使い道はないか?

2.応用 Adapt
・他のアイデアから応用できないか?
・似た商品のアイデアを使えないか?

3.変更 Modify
・見た目を変えられないか?
・意味を変えられないか?

4.拡大 Magnify
・大きくできないか?
・地域を広げられないか?

5.縮小 Minify
・小さくできないか?
・機能を減らせないか?

6.代用 Substitute
・他の物で代用できないか?
・他の素材で代用できないか?

7.置換 Rearrange
・配置を入れ替えられないか?
・順序を入れ替えられないか?

8.逆転 Reverse
・順番を逆にできないか?
・考え方を逆にできないか?

9.結合 Combine
  ・何かと組み合わせられないか?
・真逆のものと組み合わせられないか?

大切なこと

社会人になり時間が経過すればするほど、1つの会社の勤続年数が増えれば増えるほど思考が凝り固まってしまいます。

まずは、「それは絶対無理だよ」「法律の壁がある」など否定的な考えは捨てて、ゼロベースでクリティカルシンキング を行いましょう。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。