知ってますか?ダイエットしながら食べれる北海道ブランド牛「キタウシリ」

そもそもブランド牛とは?

松坂牛、神戸牛などはよく耳にすることがあるかと思います。

実は、ブランド牛は全国に200種類以上もあります。

定義は各肥育地の生産者団体が独自に決める基準と、併せて日本食肉格付協会が定める「歩留等級」と「肉質等級」からランク付けされます。

「歩留等級」はA,B,Cの3段階で頭、足、尾、皮、骨、内臓を取り除いたうち何%が可食部かとい基準によって決定されます。

歩留等級のランク付け

Aは72%以上

Bは69%以上〜71%未満

Cは60%未満

「肉質等級」は1〜5の5段階で判定され霜降りや、肉の締まり、肉や脂肪の色艶から判定され5が最高評価となります。

よく耳にするA5,A4ランクというのはこのように決まります。

キタウシリの魅力は?

キタウシリは全国で最もブランド牛の数が多い、北海道でのブランド牛です。

株式会社チクレンミートが自社で生産し流通を行うため、他の焼肉店舗の肉の入荷が中二日(なかふつか)だとすると1日程度短くお店で出すことができるのです。

そのため、特にレバーなどの内蔵商品がとても新鮮で「レバーが食べれなかったのに食べれるようになった」という声も多くあるのです。

キタウシリは低カロリーでヘルシーなホルスタイン牛の雄子牛が使われており、赤身が一番の売りポイントです。

赤身牛肉には良質なたんぱく質が多く含まれています。

赤身牛肉なので一般的な霜降り牛肉に比べてヘム鉄・亜鉛などのミネラルを多く含んでおり、貧血予防などに大変効果的です。

筋肉量を増やし、効率よくエネルギー消費するためのロイシンという成分を含んでおりダイエット中の方や焼肉を食べたいけどカロリーが気になるという方にはおすすめのです。

 

キタウシリはどこで食べれるの?

キタウシリを焼肉店で食べられるのは「牛の杜(ビーフのもり)」だけです。

場所は札幌のすすきのにあります。すすきの駅から170mという好立地ですので道外からの観光の方も気軽にいけます。

Home

 

牛の杜でのお勧めは?

特に2,000円という破格のシャトーブリアンがおすすめです。

相場は同じサイズで10,000円程度なのでものすごくお得に食べられますね。

そもそもすすきの でシャトーブリアンを食べれるところ自体珍しいです。

また、サイドメニューもこだわり抜かれていて、秘伝の出汁を使ったコンビーフ 茶漬けがとってもおいしいです。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。