【クラウドソーシング】クラウドソーシングで仕事を探す

【クラウドソーシング】クラウドソーシングで仕事を探す

 

クラウドソーシングという単語を最近テレビでもよく耳にする様になりました。

 

クラウドソーシングとは、簡単に言えば「オンライン上でこんなことやって欲しいんだけど誰かお願い!

と仕事を発注することです。

クラウドソーシングサイトの大手は今現在、文句なしで「ランサーズ」と「クラウドワークス」ですね。

 

まずは、無料ですので両サイトに登録してみましょう。

 



クラウドソーシング「ランサーズ」

 

仕事の形式ですが、大きく分けて3つありますのでそれぞれの特徴と内容を説明します。

 

形式
特徴
内容
プロジェクト形式
報酬が高いが専門的スキルを要する
「ホームページを作成して」「こんなソフトが欲しい」などがメインです。対応するには各種プログラミングスキルが必要となります。スキルを持ち合わせていたとしても報酬が高額な分、複数名の応募があった場合に応募時のメッセージ内容を充実させておかないと「この人に任せよう」とならず選定から漏れてしまいます。
コンペ形式
センスを問われる内容が多く競争率も高い
 「ロゴのデザインを考えて」「新店舗の店舗名を考えて」などデザインの依頼やネーミング募集がメインです。複数名の成果物の中から依頼者が選んだ作品に対してのみ支払いがされるためせっかく時間をかけて対応したものが無駄になることが多いのがデメリット。
タスク形式
誰でも手軽に対応できるものが多いが報酬が低い
「アンケートに協力して」「体験談を教えて」 などがメインです。すぐに作業を開始できるものも多くあり、文字数制限などをクリアしていれば支払いがされます。ただし、1件あたり50円前後のものが多いので収入として満足なものにするのであれば数をこなす必要があります。

 

私自身、プログラミングの知識があるのでこれまでもいくつかのプロジェクト形式の依頼を受け対応をしております。

 

プログラミングスキルのある方にはおすすめの副業です。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。