ついに叶うThis version of ChromeDriver only supports Chrome versionからの脱却

ChromeDriver自動更新

ChromeDriverの更新

Webページの情報を引き抜くスクレイピングという技術がありますが、

主に、プログラマー達はGoogleChromeのChromeDriverというものを使用して実装します。

ノンプログラマーの方からすると何のことやらかと思いますが、スクレイピングするために必要な部品だと思ってもらって結構です。

ですが、この部品は厄介なことにChromeのブラウザのバージョンが更新されるたびにこちらも更新が必要になってくるんですね。

そして、Chromeのバージョン更新は意外に頻度が高いんです。。。

プログラマーに開発を依頼してる方はエラーが出てツールが使えなくなってさらに開発者に連絡がつかずに使えないのでは?と焦ったり、無知なことをいいことに毎回このChromeDriverを更新するために保守費用を取られている方をよく目にします。

エラーはこんな感じですね。

selenium.common.exceptions.SessionNotCreatedException: Message: session not created: This version of ChromeDriver only supports Chrome version 80
Current browser version is 79.0.3945.88 with binary path /Applications/Google Chrome.app/Contents/MacOS/Google Chrome

 

そこで、ダブルクリックで実行するだけで現在のChromeのバージョンに合わせたChromeDriverをダウンロードしてくれるツールを開発しました。

これ、pythonなどのコーディング方法はよくブログなどで目にするのですが、これまたノンプログラマーには何のことやらです。

簡単に誰でも使えるものってありそうでなかなかないんですよね。。。

 

ChromeDriver自動更新ツールについて

このツール、まず価格は¥3.000です。

そして、Windows10環境で動作します。(Macでは使えません)

購入いただくとダウンロードリンクが表示されますのでそこからダウンロードしてください。

zipファイルを解凍すると中身はこんな感じです。

このファイルのChromeDriver自動更新.exeを使用しているアプリケーション(exe)の中に入れてダブルクリックすることでchromedriver.exeを更新することが可能です。

※本ツールを不正にシェアするとこちらで検知できる仕組みとなっており購入者自身も使えなくなってしまいます。

6d33fba250f82797a0308f3293fdbaf1-1024x167 ついに叶うThis version of ChromeDriver only supports Chrome versionからの脱却


pixel ついに叶うThis version of ChromeDriver only supports Chrome versionからの脱却

 


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。