ChromeDriverのエラー「Chrome version must be between 70 and 73」の対処法

アプリケーション実行時に下記のようなエラーが出た場合の対処法について説明します。

session not created: Chrome version must be between 70 and 73(Driver info: chromedriver=2.45.615291 (ec3682e3c9061c10f26ea9e5cdcf3c53f3f74387),platform=Windows NT 10.0.17763 x86_64) (SessionNotCreated)

原因

ChromeDriverというブラウザを自動操作するための部品とGoogleChromeのドライバーのバージョン互換があっていない場合のエラーとなります。

GoogleChromeのバージョンアップを行なった場合に発生する可能性があります。

下記は、このChromeDriverはGoogleChromeのバージョン70〜30じゃないとサポートしてないよというエラーです。

session not created: Chrome version must be between 70 and 73

 

ITに詳しくないための方にもう少し詳しく説明しましょう。

現在、問題となっているアプリケーションファイル(●●●●.exe)と同じ場所に

ChromeDriver.exeというものがあるかと思います。

簡単にいうと、このChromeDriver.exeのバージョンを新しくしてねということです。

英語なのでわかりにくいですが、下記からダウンロードして、アプリケーションファイル(●●●●.exe)と同じ場所にコピーしましょう。

Chromeドライバーのダウンロード

 

 


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。