SWIFT4.0 Command /bin/sh failed with exit code 1 エラーの対処

replacing existing signatureやresource fork, Finder information, or similar detritus not allowedが発生した場合の対処法です。

 

エラーの内容

 shell task (/usr/bin/xcrun codesign --force --sign - --preserve-metadata=identifier,entitlements /Users/xxxx-mac/Library/Developer/Xcode/DerivedData/what-edhwsfjtdkqhucghfkuqmhmdboxv/Build/Products/Debug-iphonesimulator/what.app/Frameworks/Alamofire.framework) failed with exit code 1:
/Users/xxxx-mac/Library/Developer/Xcode/DerivedData/what-edhwsfjtdkqhucghfkuqmhmdboxv/Build/Products/Debug-iphonesimulator/what.app/Frameworks/Alamofire.framework: replacing existing signature
/Users/xxxx-mac/Library/Developer/Xcode/DerivedData/what-edhwsfjtdkqhucghfkuqmhmdboxv/Build/Products/Debug-iphonesimulator/what.app/Frameworks/Alamofire.framework: resource fork, Finder information, or similar detritus not allowed

Command /bin/sh failed with exit code 1

 

対処法

①ターミナルで該当の.xcodeprojのファイルがある箇所に移動

例えば、DeskTopのAppディレクトリの場合

 

cd DeskTop¥App

 

②下記のコマンドを実行

find . | xargs -0 xattr -c

 

③下記のコマンドを実行

sudo xattr -rc .

 

これでめでたくエラーが消えるはずです。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。