[SWIFT4.0 Xcode9対応]’CGRectMake’ is unavailable in Swiftへの対処方法

‘CGRectMake’ is unavailable in Swiftへの対処方法

 

SWIFT3.0から下記のようにコントロールの座標位置とサイズを指定する際に

CGRectMakeが使用できなくなりました。

 

そのまま使おうとすると、「‘CGRectMake’ is unavailable in」のエラーになります。

 

エラーが出るパターン

xxxxxx.frame = CGRectMake(0, 20.5, 50, 2.5)

正常パターン

xxxxxx.frame = CGRect(x: 0, y: 20, width: 50 height: 50)

 

変更点としては、CGRectMakeの「Make」が消えてカッコ内が明示的に

 

4つの引数(前から、X座標、Y座標、サイズ幅、サイズ高さ)を指定する。

 


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。