Safariで表示される広告をブロックで可能なAdblock Plus [Mac版]

Webページを開いたときやYoutubeなどの動画再生時に 毎回毎回広告が表示されてイライラしたことがあるかた少なくないと思います。

最近は広告のクリック収入を得るために表示回数を増やすだけにとどまらず 誤ってクリックさせる「誤タップ広告」というのが増えてきています。

クリックしたタイミングで広告が動いてきてクリックしてしまうこともあります。 まさにトラップですね。

そんな悩みを解決するために、MacユーザーがSafariで広告を非表示にすることができる方法をご紹介します。

Adblock Plusインストール手順

Safari機能拡張を選択

Adblock Plus

検索窓に「Adblock Plus」を入力して検索

Adblock Plus

 

次画面でインストール

Adblock Plus
インストールが完了するとSafari→環境設定の拡張機能メニューの中に「Adblock Plus」が追加されているはずです。

 

以上で広告のブロックが行われるようになりました。

 

当ページを参考に解決した方は、広告を1クリックでもしていただけるととても励みになります。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。