ホームページを公開してもGoogleの検索エンジンにヒットしない時の対処法 WordPress編

まずは、下記で検索エンジンに引っかかるかどうかチェックしましょう。

URLを入力してチェックボタンを押してみてください。

SEOチェキ

 

どうでしたか?結果が下記のようになれば検索エンジンに引っかかっているということになりますが、何も表示されなければ検索エンジンに引っかかっていません。

 

この場合は、XMLサイトマップを作成しましょう。

XMLサイトマップとは?

サイトのページのURLや優先度、最終更新日、更新頻度などを記述したXML形式のファイルのことです。

検索エンジンはクローラーと呼ばれる巡回ロボットが、ウェブ上のコンテンツ取得を行います。

通常はリンクを経由で巡回しますが、XMLサイトマップを作成するとすぐにインデックス(辞書の索引の役割)が作成されます。

公開したてのウェブサイトや階層が複雑(規模の大きい)場合などには特に有効です。

 

Google Search Consoleを使用して登録する方法

 

<事前準備>

1.プラグインYoast SEOをインストールして有効にする。

2.WordPressの「SEO」を押下し機能タブの「詳細設定ページ」を「有効」にする。

3.WordPressの「SEO」 > 「Search Console」 > 「設定」「googleで認証コードを取得する」から取得したものを入力欄に貼り付けて「認証」を押下

 

 

<手順>

1.まずは、公式サイトで会員登録をします。

 

2.Google Search Consoleにログインし「プロパティの追加」を押下しURLを入力

※1 「所有権の確認」画面が表示されますので「別の方法」タブをクリックし

「メタタグをサイトのホームページに追加」をチェックし表示された meta タグをコピー

 

3.※1をページの<head>セクションの<body>セクション前に貼り付けます。

または、プラグインの「Insert Headers and Footers 」をインストールすれば

WordPressの「設定」 > 「Insert Headers and Footers 」のヘッダー部に貼り付けることで同様の動作となります。

 

4.「クロール」 > 「サイトマップ」を押下

 

5.右上の「サイトマップの追加/テスト」を押下し入力(※2)

※2 WordPressの「SEO」 > 「XMLサイトマップ」 の青字の「XMLサイトマップ」を押下し表示されているsitemap内のものを5に全て入力

 

6.「送信」を押下

 

反映までに最大72時間ほどかかります。

 

以上で終了です。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モットーはスティーブ・ジョブズのStay hungry Stay Foolish. 野心を持って正しい方法を身につければ誰でも成功できることを証明していきます。 本職以外で収入を得たい方の手助けができればと思います。