なぜ飲食店のリピート客は確保が難しいの?

業界別リピートの可能性

店舗経営にとってリピートは大事な要素となります。
リピートは飲食店とそうじゃないのとでは大きな差があることをご存知でしょうか?

大きな差としては次のとおりです。

飲食店以外

美容室や病院、歯医者に1回行ってみて、満足度100%であれば、(90%位でも)引越しなどのよっぽどの理由がない

限りリピートする傾向にある

飲食店

1回行ってみて、不味い、接客が悪いとなった場合は2度と行かない。

さらにいうと満足度150%くらいないと定期的なリピートに及ばない。

なぜ飲食店はリピート客確保が難しいか

飲食店は、「365日朝昼夕で行く機会がたくさんある」「同じだと食べ物ばかり食べていると飽きる」「色々なところに行ってみたい」為です。

飲食店では満足度が低くても変な髪形になるわけでもなく、害は大きくないのです。

 

1,000円の食事をした顧客の満足別、次のアクション

これを見ると確かにとうなずけるかと思います。

飲食店の場合、100%の満足度ではリピートにつなげるのは難しいのです。

150%以上の満足度を与える必要があります。

150%を狙っても150%の満足度を得るのは難しいので200%の満足度を与えられるように策略を立てる必要があります。

 

満足度200%を狙うには

満足度200%を狙うにはどうすれば良いのでしょうか?

キーワードは予想外です。

予想していた美味しさ、予想していた接客であれば満足度は高くても100%です。

いい意味で予想を裏切ることが満足度200%へ近づけるコツです。

例えば、「予想以上に柔らかい」「予想以上に接客がいい」などです。

退店時に外までお見送りをしてうまい棒やクッキーを1つプレゼントし笑顔でお見送りするだけでも予想以上のサービスになり得ます。

ただし、「予想以上に量が多い」が度を越してしまうと、2人で分けてしまうなど客単価が下がってしまいますので気を付けましょう。


仕事以外でも収入が欲しい方

まずは、こちらを読んでみてください。読むのはもちろんタダです。自分にあったものがきっと見つかるはず。



無在庫販売でお小遣い稼ぎしませんか?






初心者も多数使っているので安心して始められます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です